空港が好きなんです

オボロヅキがお送りするANAや空港に関するブログ。ANA SFCは2017年に取得しました。【搭乗記・空港散策など】

『君の名は。』地上波で観ました

こんばんは、オボロヅキです。

気にはなっていたもののすっかり観る機会を逸してしまっていた『君の名は。』をこのたび地上波でやっと観ることが出来ました。正月休みというグッドタイミングで放送するテレビ局の思うツボにはまった形です。録り溜めた年末番組を整理しようかと思っていたところたまたま予告を目にしたので更に録画を追加です。

アニメも好き、SFファンタジー系も好きなジャンルなのでとても気持ちよく観ることができました。噂通り、とてもきれいなグラフィックでしたね。完全版ではないはずなのでまた改めてレンタルなどで見直さないといけませんね。でもなぜ入れ替わるときに気付かなかったのかな、とか観る側の想像力を掻き立てる謎を残した作り方がなかなか面白いと思いました。繰り返してみると分かるのでしょうか。

年末年始に録り溜めた番組を整理しながら何度か繰り返しみてみるとしましょう。それでは、また。

 

備忘録ネタバレ

片田舎女子高校生三葉と東京在住男子高校生瀧とが、目覚めてから眠りにつくまで人格が入れ替わって繰り広げられるドタバタ劇。不定期ながら入れ替わりを繰り返していたが、ある日を境に入れ替わりは起こらなくなる。それはある彗星が千年ぶりに接近した日だった。記憶を辿って三葉に会いに行こうとする瀧であったが一向に手がかりはつかめない。意気消沈の中、ふと立ち寄った食堂で手がかりとなる情報を手にするが、その村は3年前に隕石落下により消滅していた…千年ぶりに接近した彗星の一部が隕石となって落下し、三葉を含めた村人の多くが亡くなっていたという事実を知る瀧。受け入れがたい事実を飲み込もうとしていた時に瀧の手首に巻かれた組紐が目に入る。いつのころか誰かから貰ったものであったその組紐、組紐は時を紡ぐものという言葉がよぎり、一縷の望みをかけて三葉のいた村の御神体のあった場所を目指す。辛くも入れ替わりが成功した後、隕石落下から三葉を含めた村人を救うべく三葉に入れ替わった瀧は奔走し、同じくして瀧に入れ替わった三葉は隕石落下による村の消滅と自らの死を知る。機転を利かせた瀧が御神体の場所へ向かいそこで黄昏時に時空が繋がり三葉と出会うことが出来、人格が元通りになる。時の流れが戻った後、三葉本人は再度村人避難作戦のため奔走する。その結果、村人は奇跡的に危機を脱する事ができた。それから時は過ぎ、瀧はすれ違った女性に何か惹かれる思いを抱き、またその女性も瀧に対して同じ思いを抱いたのであった。駆け回った末に二人は出会い、お互いに名前は忘れてしまっていたが誰かをずっと探していたという想いが一致する。それは生き延びた三葉であった。そしてお互いに問う、「「君の名は。」」

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へにほんブログ村 グルメブログ カフェへ

Published by OBORODUKI ( ALL COPYRIGHT RESERVED 2016, 2017 )